目的

■本プロジェクトの目的

脳クレアチン欠乏症候群についてはまだまだよく知られていないことが多く、とても情報が不足しています。今のところクレアチン輸送体欠損症については、有効な治療法が確立していないため、治療法を見つけるために多くの患者さまのご協力が必要です。将来の医療のために、この研究の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。
登録に関する詳しい手続については「登録の流れ」をご覧いただき、手続きを進めてください。

CURE PATH